RSS
Admin
Archives

みらいパーク竜王日記

滋賀県竜王町にある、道の駅竜王かがみの里とアグリパーク竜王のお得でおいしい情報をお伝えしていきます。

プロフィール

agurikagami

Author:agurikagami
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
道の駅竜王かがみの里のツイッター
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2010.12
17
CM:0
TB:0
14:35
Category : 観光情報
12月18日(土)、午後3時頃より鏡地区並びに鏡神社で「とがらい祭り」が行われます。

「とがらい祭り」は、鏡地区が江戸時代中期まで宿場町であったことと、源義経が鏡で元服したことに由来しているお祭りです。

まず、特徴的なことは、「とがらい祭り」というお祭りの名前です。

これは、お祭りの中で、鏡の子どもたちが鉦や太鼓を鳴らし、
「とうがらい、まあがらい、まあが あったらとうがらい」と囃子立てながら里内を練り歩く、
このお囃子から、「とがらい祭り」と名付けられているそうです。

そして、お囃子の意味は、「泊まらい、まあ上がらい、まあ上がって泊まらい」という、宿場町であった頃に、
宿屋で客引きするための掛け声であったそうです。(「らい」はこの地方の方言です。)

そして、源義経が、牛若丸として平家から逃げている途中、ここ鏡の宿屋・白木屋に宿泊し、
鏡にあった池の水を使って元服し、大人の姿になって追手の目から逃れたという言い伝えから、
この「とがらい祭り」では源義経の御霊をお迎えし、子どもたちが義経のような勇敢な人に育ってほしいというお願いが込められているお祭りとなっています。

宿場町であった鏡の繁栄と子どもたちの成長を祈るお祭りなのですね。

道の駅竜王かがみの里では、地元のお祭りということもあり、
宿場であった名残の、「とうがらい」のお囃子をお客様に感じていただきたく、
18日(土)14:30頃より、歴史広場にてお囃子の披露をしていただくこととなりました。


なお、12月18日の大まかなスケジュールは、以下の通りです。

14:30頃     道の駅竜王かがみの里歴史広場にてお囃子のご披露
14:50頃     子どもたちが道の駅竜王かがみの里を出発して、里内を練り歩きます。
15:30?16:00頃  鏡神社にて義経公の御霊を招き奉る「湯立て神事」
17:00頃     義経が烏帽子をかけたと伝わる「烏帽子掛松」にお参り
(お祭りの進行により、時間が前後する場合がございます。ご了承くださいませ。)

皆様、年末も迫り慌ただしくなってきましたが、
宿場ムード溢れるお囃子を、是非お楽しみくださいませ。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント